精力の衰えと原因

精力の衰えと原因

男性は性欲は25歳をピークに前後5年間が最も強く、30歳を過ぎる頃から
緩やかに精力が減退しEDや中折れの症状がでてきます。

ある調査では30歳代で半分近く40歳代では70%以上が中折れの症状が
あるそうです。

体力が衰えると性欲も同じように衰え、そのうえ精神的なストレスがある場合
はその影響もあり症状がでるみたいです。

なので過労気味だったり深刻な悩みを抱えていると精力減退、勃起不能に陥る
みたいです。



精力減退は性ホルモンとの関係が深くストレスなどによってホルモンの分泌量が
減少すると精子の発育が悪くなり勃起中枢が興奮しなくなりその結果、中折れや
EDのような症状があらわれます。

しかもある調査では大気の汚染やインスタント食品などの着色物質や化学物質など
いわゆる環境ホルモンとよばれるものが動物の生殖システムに大きな影響を
もたらし人間、動物、魚でも精子の数が減少し精力減退を続けているそうです。



精力減退はさまざまな要因でおこります。
加齢や精神的、肉体的なストレス、薬などの副作用などですが
直接の原因は前述した男性ホルモンの低下によるものです。

また糖尿病や肝臓、腎臓などの慢性の病気になった場合も精力の減退は起こる
ようです。

更新情報

その他精力剤情報

リンク